分散型サービス付き高齢者住宅という新しい試みの老人ホーム

ゆいまーる高島平の高島平団地の26街区2号棟

UR都市機構の高島平団地(1972年建築)の26街区2号棟にある既存住宅を株式会社コミュニティネットが借りうけ、居室をバリアフリーに改修しサービス付き高齢者向け住宅に登録するというUR賃貸住宅団地でも初めての取り組みが行われており、26街区2号棟121戸の中に、サービス付き高齢者向け住宅30戸が分散して点在しているゆいまーる高島平。都営三田線の高島平駅を下車し徒歩で約10分程。都心へのアクセスも良好で緑豊かな周辺環境です。商店街やスーパー、商店、郵便局や病院などが団地の敷地内に整っておりとても便利。また、団地内は敷地がゆったりとしており日当たりや風通しがとても良いです。

ゆいまーる高島平のCタイプダイニング

Cタイプの601号室。部屋の外観(建物共用部)の改修は出来ませんが扉には塗装がしてあり、手摺がつけられております。部屋内は約18㎝床上げしてあり脇には手すりを設置。車椅子での生活となった場合玄関にスロープを付けられるように、スペースを大きくしてあります。リビングには備え付けの収納が付きます。浴室の給湯はガス式で浴層や壁面はリフォーム済みでした。キッチンもガス対応ですが、ガス台の備え付けはありません。居室の壁にはインターフォンがあり、緊急装置(セコムの端末機)が1人台支給されます。

ゆいまーる高島平の別棟のフロント

同一棟には商業スペースに類するものが入居出来ない為、別棟の26街区3号棟1階にフロントがあります。

2014年11月20日の朝日新聞の夕刊一面に記事が出た翌日は、問合わせの電話が鳴り止まなかったという。築42年の団地の改築であり、分散型サービス付き高齢者住宅という新しい試みでもあった為、いろいろと許可や制約等があり開設までには苦労が多かったらしいです。今後も、20戸を同棟内に増やす予定となっており新規の建物を作らずに、既存の建物を利用していく流れが多く生まれくるのではないかとの予感がしました。

サービス付き高齢者住宅、ゆいまーる高島平の詳細情報はこちらからご覧になれます。資料請求やお問い合わせはWebサイトからか、直接お電話ください。また、空室情報やご見学などのお問い合わせは、フリーダイヤル0120-988010までお気軽に。