ホーム内に町内会を作り回覧版なども発行する介護付老人ホーム

リハビリホームまどか戸田エントランス

株式会社ベネッセスタイルケアが運営する埼玉県内のまどかシリーズとして15施設目の介護付老人ホーム、2015年8月1日開設予定のリハビリホームまどか戸田を訪問してきました。ご利用者の自分史や生活史を取材し、分析を行い認知症ケアの役立てるセンター方式を用いています。これにより、心の声に耳を傾けてプランに落とし込んでしっかりとケアを行います。機能訓練士が週40時間勤務でおひとり週1回30分程、お体の状態を評価して個別及び集団での生活リハビリを行い、また最新のリハビリ機器も導入しお体の状態を測定しバイクなどの運動器具を合わせて使用します。

リハビリホームまどか戸田の施設外観

リハビリホームまどか戸田は埼京線の戸田駅から歩いて約10分で、周辺は学校やスポーツセンター、図書館など公共施設が多い場所の一角にあります。

基本となるご利用料金は、入居時に保証金が100万円で、月額費用が税込み268,440円。介護保険自己負担分や実費は別途となっています。お部屋の向きや場所に関係無く月額費用は全室同じ料金です。

リハビリホームまどか戸田のモデルルーム夫婦室

こちらのモデルルームはご夫婦での入居を想定し、居室を2部屋使い一部屋をリビング、もう一部屋をベッドルームとして使用しおふたりで就寝使った作りになっています。お部屋のトイレは扉ではなくカーテンタイプとなっております。

リハビリホームまどか戸田もモデルルーム一人部屋

こちらはおひとりで入居された場合のモデルルームで、部屋の中央にはレンタルで後付けする手すりがありました。後付けの手すりは天井と床にしっかりとつっぱり棒で固定されています。カーテンや収納も居室の備え付けです。

リハビリホームまどか戸田のリビング

リビングはご利用者の食堂にもなり、奥にはソファーもあります。施設のお食事を試食させていただきました。当日のお食事のポイントは柔らかく調理、且つ旬の素材でした。メインの鳥肉は本当に柔らかく口の中でとけるほどでした。施設での朝食は和食と洋食を選択が可能です。

当日は2015年8月の開設に向け、スタッフの皆さんの研修や実技が行われていました。ホームの基本コンセプトとしては、生きがいを持ち、出来る事は継続する役割がある事。ホーム内に町内会を作り回覧版なども発行します。レクリエーションでは小さなコミュニティを作り、書道や絵手紙、写経などを行います。また、旅行や外出などを近隣のまどか川口芝などと合同で企画し、ご利用者が諦めていた事を実現していきたいとのお話しでした。

介護付老人ホームリハビリホームまどか戸田の資料請求はWebサイトからか直接お電話ください。