設備の簡略化などで低価格を実現している介護付有料老人ホームでした

みずき飯能の杜のの居室SOMPOケアネクストが運営する介護付有料老人ホーム、みずき飯能の杜で開催された内覧会に行ってきました。

みずき飯能の杜の施設外観

訪問した際は西武池袋線の飯能駅を使い、徒歩で10分弱。レストヴィラシリーズとは全くイメージが違う外観で、重厚な色調から明るい雰囲気に変わっていました。当初は入居金無しの低額月払いプランのみでスタートすると伺っていたが、入居金プランのニーズがある事から選択方式をとり、設備の簡略化、介護人員配置の削減や食費の値下げなどで低価格を実現しているそうです。

みずき飯能の杜の理美容室

4階建ての個室75室は全て18.0㎡。居室内の設備は従来通りだが共有部分を減らし、居室の窓側に付くベランダ部分は省かれています。また、各階に設けられるラウンジやカフェ等も省略化。大浴場内に機械浴を2つ設置し省スペース化が図られています。

居室の作りは全室同じで、居室内のトイレには両側に手すりが備え付けられており、入口にはしっかりとしたスライド式の扉が付いています。窓ガラスが上下に分かれており上部のみ開閉が出来ようになっており、下部にはサッシがありませんが車椅子をご利用の場合の目線からは外の景色が良く見えるようになっています。

みずき飯能は、運営会社がワタミの介護株式会社からSOMPOケアネクストに変わり、訪問時の状況とは変わった点がある場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

介護付有料老人ホーム、みずき飯能の杜の詳細情報はこちらからご覧になれます。

資料請求はWebサイトからか、お電話でも承ります。