「 介護付有料老人ホーム 」一覧

確かなコストパフォーマンスの介護付有料老人ホームです

ウイズネット運営の介護付有料老人ホーム「みんなの家・東浦和3」の見学会にお邪魔しました。

JR東浦和の駅を下車、バス通りの住宅街を徒歩にて向かいました。

photo01

 

所要時間約20分弱で見えてきました、現地に到着です。

photo02

 

施設の正面に廻りこんで

photo03

お邪魔します。
”ゆいまーる”です。

本日は、お世話になります!

こちらの施設は、2月1日開設予定との事で、当日はまだ本施設スタッフの方や、入居者の方はいらっしゃいません。

photo04

 

入り口を入っていくと、入居者の皆さんがお食事をされるスペースです。

photo05

 

その横手には、応接セットと大きなテレビが設置されています。

photo06

 

さて、1階の居室です。
日差しが良く入ります。

photo07

こちらの居室には、カーテン、布団、収納家具などが備え付けてあります。

そして、TV線もきています。

photo08

 

居室内のトイレです。

photo09

洗面では、もちろんお湯がでます。

トイレの照明は、センサー付です。

photo10

 

こちらは、1階フロアの個室浴場です。

photo11

個室浴場の脇に、シャワーチェアがありました。

photo12

個浴の隣には、機械浴があります。

photo13

浴室内には、ヒーターと、脱衣室にはエアコン完備。
ヒートショック対策ですね。

座浴もございます。

photo14

 

2階の応接セットです。

photo15

 

こちらの施設の廊下や天井など共用部には、ふんだんにLED照明が使われています。
省エネ志向が強いと見受けられました。

photo16

 

健康管理室です。
看護師の方が、昼間常勤でいらっしゃいます。

photo17

 

各居室の入り口壁部には、ケアコールと連動したランプがありました。

photo18

 

photo19

車椅子用トイレ内は、オストメイト対応となっていました。

photo20

 

施設の入り口向かいに、ベンチが設置されていました。

photo21

 

ウイズネットさんの施設としては、東浦和に3施設目の本施設を拝見してきました。
既存の2施設も人気がある事から非常に興味があったのですが、こちらの施設も確かなコストパフォーマンス。

ほどなく人気となるのだろうと感じました。

当日はお忙しい中、ご案内ありがとう御座いました。


ニチイケアパレス新規オープン施設のニチイホーム東浦和での開設式に参加しました。


2011年12月13日に介護付有料老人ホーム「ニチイホーム東浦和」の開設式、見学会に参加してきました。

photo01

当日は、見学会の前に開設式が執り行われました。
施設の施工中に震災があり、工期等にも影響があったようで、多くの困難を越えて晴れの日を迎えられたとの事でした。
多大なご苦労があったと思われ感慨深い思いがしました。

photo02

現地へは、JR武蔵野線 東浦和の駅からバスにて10分。
因みに実際に歩いても、15分程の住宅街の中に施設は、たたずんでいます。
幹線道路からちょっと奥に入った立地なので、とても静かな場所です。

photo03

玄関では、ニチイさんの社員犬のお二人がお出迎えです。
こんにちわ、はじめまして。(写真がピンボケでスミマセン。)

photo04

このお二人は、オーストラリアン・アブラドゥールのセラピー犬です。

 

さっそく、居室へお邪魔します。
こちらは、お2人部屋です。
陽の光がたっぷり射しんでいました。

photo05

 

各居室の入り口に備え付けてあるのは、「メモリーボックス」という表札かわりの箱です。
こちらに、ご入居の方々が思いおもい、ご自分の表札の代わりのもなる「モノ」を入れて楽しむ趣向です。

photo06

 

こちらは、ヘアーサロン:理美容室です。レザーのシートが素敵です。

photo07

 

開放的なリビング&ダイニング横にありました、コルク風ボードです。
粘着性になっており、セロテープいらずです。

photo08

 

3階にある、ファミリールームは、ご家族が遊びにいらっしゃった際におもてなしが出来、予約制で使用できます。

photo09

 

さて、こちらは、お一人部屋です。
実際拝見すると広々しています。

photo10

 

これは、お部屋壁面の天井に備え付けられています、絵や、ポスター等を掛ける事が出来るフックです。
これで壁面を傷付ける事なく好きな作品が掛けられます。

photo11

 

居室のトイレですが、こちらの扉は

photo12

 

引き戸が標準ですが、最初から、ご入居者様の状態によってカーテンでも対応が出来る様になっています。

photo13

 

各フロアの床面には、色分けがしてありフロアの間違い防止に役立ちます。

photo14

 

みなさんの日常のチェックを行う、健康管理室です。

photo15

 

個浴です。手すり、ナースコールは、もちろん装備されています。

photo16

 

一階の一般浴室です。とても広々と、スペースがたっぷりとってあります。
浴室内も床暖房が装備されています。

photo17

 

一般浴室脱衣所の床にも、床暖房と滑りにくい素材が使われています。
床材の目地が横状になっており、転倒防止になっています。

photo18

 

ヘルパーステーションには、館内の共用スペースの様子が、モニターで確認が出来ます。
不測の事態にも素早く対応ができますね。

photo19

 

こちらは、1階にある機能訓練室です。
この運動器具、日頃、運動不足のレポーターにも、十分な効き目が有ると思われました。

photo20

 

ご入居者様が自由に使用できる洗濯機も、拝見しました。

photo21

 

展示してありました、常食メニューの見本です。
とても、美味しそうですね。

 photo22

 

当日ご案内頂きましたニチイホーム東浦和スタッフの皆さん、大変お世話になりました。
当日、ご挨拶されていた、やる気満々のスタッフの皆さんの初々しさがとても印象的でした。

ご案内、ありがとうございました。


老人ホームというよりはホテルのような雰囲気

2011年8月26日にワタミの介護が運営する有料老人ホーム「レストヴィラ赤羽」へ見学を兼ねて訪問してきました。

JR赤羽駅からバスで10分弱。駅から少し距離がありますが、東京都北区とは思えないくらい緑に囲まれ自然豊かな場所です。

photo01

ロビーに入るとスタッフの方に笑顔で迎えていただきました。まずは、施設内感染を極力抑えるために、手洗いうがいは必須ですね。
法人営業担当の方と、入居相談員の方に館内を案内していただきました。

2011年3月1日開設の真新しい施設で、老人ホームというよりはホテルのような雰囲気です。
ロビーを奥に進むと左手にワタミカフェが見えてきました。好きな時にお茶が出来るおしゃれなカフェで、憩いの場のひとつです。

photo02

 

更に奥に進むとダイニングが見えてきました。

photo03

 

ダイニングの大きな窓を開けると、ウッドデッキとワタミ農園があります。農園では、ご入居者様が育てている夏野菜のトマトとナスが育っていました。農園の向こうには森が広がっており蝉の合唱が聞こえたり、農園にはイモリが散歩していたりと、とてものどかです。

photo04

 

ロビーに戻り更に奥に進むとお風呂があります。こちらは檜風呂ですが、他にも機械浴が配備されております。
入浴は基本週2回、希望があれば別途料金がかかりますが追加入浴は可能です。

全てのお風呂は個浴になりますが、その都度お湯は入れ替えるそうです。
一番風呂は気持ちいいですよね~。

photo05

 

今度はエレベータで4階の居室フロアーへ。

photo06

こちらは広めのお部屋から眺める景色です。眺めが良くこちらからも緑が良く見えます。
レストヴィラ赤羽では2階から4階の居室フロアーの各階にラウンジがあり、そのラウンジから夏には隅田川の花火が見えるそうです。

お次はダイニングへ戻り、お昼をいただきました。

photo07

メニューは、ゴーヤチャンプル、春雨サラダ、漬物、ごはん、シジミのお味噌汁、デザートはオレンジです。
ワタミさんとあって美味しかったです。量も丁度良くお年寄りには多いのでは?と思いましたが、みなさん結構召し上がるようです。
ワタミさんでは、咀嚼の困難な方の為に追加料金なしで「ソフト食」への変更が可能です。味はもちろんのこと見た目も重視しています。食事は目で食べるとも言うように、見た目も重要ですよね。

また、刻み食を召し上がっている方の為に「やわらか食」の開発が進んでおり、近々お目見えする予定だそうです。
こちらも楽しみです。

食へのこだわりもあり、ご入居されている方みなさんお元気です。
ワタミさんでは平日は5つの土日は2つのアクティビティがあり充実しています。

この日は、「ワタミ体操」「赤羽ウォーキング(ホーム周辺)」「口腔体操」「リハビリ体操」「お茶会」がありました。
みなさんの元気の源でしょうか。

さて最後になりますが、館内案内をしていただいた法人営業担当の方からワタミの介護についてお話をいただきました。
ワタミの介護には「4大ゼロ」への取り組みがあります。
1.車椅子ゼロ
2.経管食ゼロ
3.特殊浴槽ゼロ
4.おむつゼロ

ご入居者の状態によっては難しい場合もあるそうですが、少しでも近づけるようスタッフは頑張っているそうです。

今回、ワタミの介護レストヴィラ赤羽を訪問して感じたことは、綺麗で新しい施設はもちろんですが、館内ですれ違うどのスタッフの方も笑顔で挨拶をしてくれて、人の温かさを感じることができる施設でした。


各種医療対応、末期癌や緩和ケア・ターミナルケアのご相談にも応じて頂ける有料老人ホームです

2011年11月26日に千葉県松戸市にある『有料老人ホーム ブリスイン松戸(株式会社ブリス運営)』に訪問致しました。

photo01

電車でのアクセスはJR松戸駅より徒歩10分(約800メートル)、車の場合は国道6号線(水戸街道)から直ぐの好立地。目の前にバス停もありますので、バスを利用したアクセスも便利です。

さて、入り口からホールを過ぎると、まずはリビングダイニングですが、開放的な空間にBGM等が流れておりアップライト式のピアノが設置されておりました。

photo02

お食事やイベント等はこのリビングダイニングを利用されるそうです。ダイニングテーブルの配置も、それぞれ程よい空間があり広々とした印象があります。

エレベーター前に掲示してあるカレンダーにはビッシリと色んなイベントの案内や、入居者の方々がお書きになられた習字等が展示されておりました。 「吹き矢教室」では楽しみながら肺機能の訓練が出来るそうで、入居者の皆様が楽しめるようアクティビティーにも力を入れられているようです。 そこで目に留まったのが「鮪の解体ショー」なるイベントの告知です。 なかなか見れるものでは無いですよ、鮪の解体ショーなどは。その際は、是非呼んで頂きたい・・・・。 アクティビティーに関しては全て無料で、材料費等が掛かる場合はそれのみが実費になるそうです。

娯楽室にはカラオケも完備されて皆様お楽しみ頂いているそうで、それだけでも肺機能の運動にはなりそうですね。

家族宿泊室も拝見させて頂きましたが、和室で旅館の様な作りお部屋にはお風呂も有り、お一人様一泊2000円弱で宿泊が可能だそうです。 たまには、家族そろってゆっくり過ごしては如何でしょうか。

肝心な居室ですが、間口が広い為とても広く感じる作りのお部屋。

photo03

 拝見した居室は窓が南向きとなっておりお日様100%独り占め。エアコンはもちろん完備されているのですが、居室は床暖房を完備。

館内の90%以上の部分(廊下やロビー、トイレ、洗面所、浴室の脱衣場)に床暖房が設置されており、設定温度を同じ温度にする事で移動時もお体に負担を掛けないような工夫がされておりました。 なる程、暖かいはずです。 この時期でも、暖房はいらないのではないか?と思うぐらい暖かいお部屋でした。

隣接しているのは千葉大学の園芸学部なので、窓の外には緑の木々見え解放感バッチリですね。 収納家具は既に設置されておりますので、テレビと冷蔵庫があれば直ぐに快適な暮らしが出来るお部屋です。

案内して頂いている際に目に入る共有スペースでは、入居者の方々が揃ってテレビを見ている感じから、施設のほのぼのとした空気が感じ取れました。

photo04

 ブリスイン松戸では、皆様が安心して生活出来るよう常に2人の看護師が常駐されており、病院の様な健康管理室が設置されておりました。

各種医療対応、末期癌や緩和ケア・ターミナルケアのご相談にも応じて頂け、認知症専用フロアーも設置されておりますので安心した生活をサポートして頂けます。

photo05

 医療対応が必要な方や、不安な方には安心、お勧めの有料老人ホームです。

今回訪問した有料老人ホームブリスイン松戸の詳細情報はこちらです。


有料老人ホームで健康運動指導士によるリハビリを体験しました

少々過去の話になりますが、2011年6月14日に日本橋にある『有料老人ホーム未来邸』を訪問し、未来倶楽部セミナーに参加してきました。

実は、私が有料老人ホームを訪問するのは今回が初めて。 緊張気味でエントランスに足を踏み入れましたが、出迎えていただいた職員の方の笑顔にホッとし緊張も和らぎました。
未来倶楽部セミナーということで、参加している方は同業者が多いような印象を受けましたが、中には入居希望者様もいらっしゃいました。

セミナーは『高齢者のための介護予防セミナー』との題目で、東京都健康長寿医療センター研究所 金 憲経先生の講義から始まり、昼食、施設見学と進んでいきます。 金先生の講義は高齢者が寝たきり、要介護状態になる要因の一つ「転倒」についてのお話でした。

先生曰く、寝たきりになる方は日頃運動をしていない方が多いとか。 私も運動は全くしていないので他人事ではないです。いろいろ為になるお話をしていただき、金先生ありがとうございました。

続いては昼食です。
老人ホームの食事って病院食のように味がなく美味しくないのでは・・・と思っていましたが、食してみてビックリ。

とても美味しいです。

photo01

 この日のメニューは『銀だら西京焼き』です。

未来農園で今朝採りしたキュウリの酢の物、だし巻き卵、豆ごはん、お吸い物、漬物、スイカと栄養バランスの良い食事です。

某有名ホテルで勤務経験のある料理長の下で調理され、全てが美味しく大満足でした。 また、マルハニチロ食品が開発したソフト食も試食させていただきました。

左真ん中の魚の形をした物です。 栄養や食べやすさはもちろん見た目も良く、こちらも美味しかったです。
ごちそうさまでした。

次は4~5人ひとチームで館内を見学しました。 私たちのチームには講師の金先生も加わり5人です。 まずはエレベータに乗り6階に。

最初に目に飛び込んできたのは・・・

 photo02

 みらい元気農園のPR(^O^)
ここで採れたキュウリを先ほど美味しくいただきました。

道なりに進んでいくと居室になります。

photo03

こちらは605号室(一人部屋)

 photo04

こちらは606号室(二人部屋)です。

またエレベータに乗り今度は地下1階へ。
エレベータを降りるとすぐに多目的ホールがあり、丁度リハビリを行っていました。

 photo05

更にその奥には、理学療法士の方による指導が行われていました。

 photo06

 多目的ホールを背に進むと浴室になります。

 photo07

 大浴場です。

 photo08

 檜風呂です。

photo09

こちらは機械浴。どなたでも安心してご入浴いただけますね。
入浴は基本週3回です。

 

1階に戻り、最後に健康運動指導士によるリハビリ実演です。

 photo10

 緩やかな動きをなんパターンか行いましたが、これが結構体に響きます。
日頃使っていない筋肉を動かしたので翌日筋肉痛になりました。

株式会社未来設計 未来邸は、オフィスビルをリメイクし現在の老人ホームに生まれ変わりました。
なので柱などオフィスビルの名残が所々に見受けられます。

日本橋という立地条件の良い場所で料金はお高めですが、食事もリハビリプログラムも充実している印象を受けました。
入居者様の中には仕事をお持ちの方がいらっしゃると伺いビックリ。

週に数日ですが役員を務めている会社へ未来邸から出勤されているそうです。

職員の方も笑顔で元気に対応していただき、施設内の雰囲気もとても良くまた伺いたいと思える施設でした。

未来邸のみなさんありがとうございました。