「 ケアマネージャーとは? 」一覧

ケアマネージャーってどんな事をしてくれるの?

ケアマネージャー(介護支援専門員)を変更したいと思ったら


担当ケアマネージャ本人や、居宅介護事業所にケアマネージャーを変更したい旨を伝えてみましょう。

地域包括支援センターや、市区町村の介護保険課にケアマネージャーの変更を相談してみましょう。

 別の居宅介護支援事業所に、ケアマネージャーの変更を相談してみましょう。



こんなケアマネージャー(介護支援専門員)を選びましょう


ケアマネージャー(介護支援専門員)を選ぶ時のポイントは。

  • 介護利用者の話を丁寧に聞いてくれそうな人ですか?
  • 問題解決を一緒にしようとする態度が、感じだれる人ですか?
  • 介護利用者の希望とケアマネージャー(介護支援専門員)の意見とが異なった時に、十分に話し合おうと努めてくれそうな人ですか?
  • 別居している家族や役所などに、必要な時小まめに連絡してくれそうな人ですか?
  • ケアマネージャーとしての考え方や、ケアプランの各サービスの目的をきちんと説明してくれる人ですか?
  • サービス開始後も時々訪問したり、電話で様子を尋ねてくれそうな人ですか?
  • ケアマネージャーと訪問看護やホームヘルパーのいうことに、食い違いはありませんか?
  • サービススタッフや役所との間で、介護利用者の生活全般において責任をもってくれそうですか?
  • サービスに問題があったり、状況が変化した時に、ケアプランの変更等を柔軟に対応してくれそうですか?
  • 作成してくれたケアプランのなかに、利用者にとって有意義な、介護保険サービス以外のサービスも計画されていますか?

介護利用者の心身の状況の変化によって、さまざまな疑問や要望が出たときに、どこまでフットワーク良く対応してくれるかも重要です。


ケアマネージャー(介護支援専門員)ってどこで探すの?


ケアマネージャーを探す第一歩は、市区町村の介護保険課や、地域包括センターへ行きましょう。

実際に介護保険サービスを利用している人に話を聞く事も大切です。

同じ地域でサービスを利用している人から得られる「生の声」は、非常に参考になります。


ケアマネージャー(介護支援専門員)とは?


2000年4月から始まった「介護保険制度」において、要支援または要介護と認定された人が、適切な介護サービスを受けられるようにするために、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職の事です。

介護を要する方の状況や、家族がどんなことに困っているのかを理解し、計画を立て、必要なサービスを受けられるように、サービス事業者へ手配するのが、ケアマネージャーの仕事です。

良質な介護サービスを受けるためには、しっかりとした専門知識をもったケアマネージャー(介護支援専門員)を選ぶことが重要です。