有料老人ホームに入居する際の費用を簡単に説明しています

TEL:0120-988010(平日 AM10:00〜PM17:30)

有料老人ホームへ入居する際に掛かる費用

有料老人ホームに入居する場合、基本的な料金体系として「入居金方式」と「月払い方式」があります。 それぞれ、一長一短なので長期的に計画をし、よりあった契約方式を選びましょう。 また、後に思いもがけない出費等で困る事がないように、契約時にしっかりと契約内容を確認する事が重要です。

有料老人ホームの料金体系について

入居一時金方式とは
入居時にまとまった金額を定められた期間分の家賃を前払いとして納めておく方法です。 例えば、入居一時金が1,000万円で初期償却が30%で償却期間が5年の場合、入居時に300万円をホームが償却し、残りの700万円を5年間掛け家賃分としてホームが毎月償却します。 仮に2年で退去した場合は、未償却分の3年分(原状回復費(修繕費)や月遅れの医療費等を清算した残金)が手元に戻ってくる事になります。
月払い方式(月額方式)とは
入居金低額か、もしくは入居金が無い場合もあるが、月額費用に家賃相当の費用が加算される為、月額費用が入居金方式に対して割高になる傾向があります。 一時的な費用が入居金方式程掛からない為、初期費用をおさえる事が可能です。 但し、長期の入居をした場合は、月額費用が割高になるので入居金方式よりも費用が掛かる事もあります。

入居金方式(入居一時金方式)の支払い、償却例

入居一時金方式(入居金方式)の支払いと償却例
初期償却と、償却期間
上記の図でわかるとおり、初期償却率が極端に大きい場合や、償却期間が短い場合は、退去時の戻り額に大きく影響する為、契約時によく確認をしておく事が必要です。 一般的な平均としては初期償却が30%程度で、償却期間は5年から7年ぐらいです。

月払い方式(月額方式)の支払い例

月払い方式の支払い例
初期償却と、償却期間
上記の図でわかるとおり、初期償却率が極端に大きい場合や、償却期間が短い場合は、退去時の戻り額に大きく影響する為、契約時によく確認をしておく事が必要です。 一般的な平均としては初期償却が30%程度で、償却期間は5年から7年ぐらいです。

入居一時金方式と、月払い方式(月額方式)の比較

入居一時金方式と、月払い方式(月額方式)の比較
一般的な料金をグラフにすると、このようになります
施設にもよります(初期償却率や償却期間)が、長期的な入居になった場合一時金方式の方が割安になり、逆に短期間での入居の場合は月払い方式の方が一時金方式よりも割安になる傾向があるようです。