有料老人ホームや介護に関する用語集

TEL:0120-988010(平日 AM10:00〜PM17:30)

老人ホームや介護に関する用語集

介護付有料老人ホーム
各都道府県から介護保険の「特定施設入居者生活介護」の認定(介護保険の特定施設の指定)を受けた有料老人ホーム。基本的には介護が必要な方が入居の対象で、介護サービスは有料老人ホームのスタッフが要介護度の状況に応じて包括的に行う。
住宅型有料老人ホーム
自立~要介護の方まで利用可能。介護が必要な場合は、訪問介護、訪問看護等外部の在宅介護サービスを利用。
高齢者専用賃貸住宅(高専賃)
高齢者専用の賃貸住宅。決められた情報が公開されている。事業者毎にサービスが提案される。要介護状態になった場合、外部の介護サービスを受ける。
サービス付き高齢者向け専用住宅(サ高住)
高齢者の居住の安定を確保することを目的として、バリアフリー構造等を有し、介護・医療と連携し高齢者を支援するサービスを提供する。
グループホーム(認知症高齢者型)
小人数の共同生活が基本。入居条件として要支援2から要介護5までの認定者が入居可能。要支援1は入居出来ない。
軽費老人ホーム
食事の提供その他日常生活上必要な便宜を供与し、無料または低額な料金で入所が可能。
介護老人福祉施設 特別養護老人ホーム(特養)
身体上、または精神上、著しい障害があり、要介護の判定が出た人が利用可能、常時の介護が必要な寝たきり老人、認知症の高齢者の入所が多い。入居待機者が非常に多いのも特徴。
介護老人保健施設(老健)
リハビリや医療等を通して機能訓練、健康管理等を行い自宅での日常生活を営むことができるようにすることを目指した病院と自宅との中間的な施設。
利用権方式
居住の為の費用と介護サービス、生活支援サービスが契約とされているもので、建物賃貸借契約や終身建物賃貸借契約以外となるもの。 入居一時金の支払いに伴い、有料老人ホームで居住する権利や介護サービス、生活支援などの各種サービスを利用する権利を得る事になりますが、あくまでも利用権はありますが、所有権はありません。 原則的には退去希望を出さない限り入居者の死亡まで利用権は存続しますが、譲渡や転借、相続は出来ません。
建物賃貸借方式
賃貸住宅における居住の契約で、居住の為の費用と介護サービス、生活支援サービスの契約が別々となっています。 終身建物賃貸借方式とは異なり入居者が死亡した場合でも、契約が終了する事はありません。 一般的な賃貸住宅と同様でホームで生活するために家賃相当額を毎月支払う必要があります。 入居金、又は敷金(保証金)や賃貸方式も様々なタイプがあります。
終身建物賃貸借方式
都道府県知事から「高齢者の居住の安定確保に関する法律の規定」に基づいた終身建物賃貸借事業の認可を受けたもので、建物賃貸借方式の特別なものです。 入居者が死亡した場合は、契約が終了する事になります。 建物賃貸借との違いとしては、普通の賃貸借なのか入居者一代で終了かの違いです。
重要事項説明書(重説)
施設の重要な事項に関して記載されており、有料老人ホームに作成が義務づけられているものです。パンフレットに掲載されている情報以外の重要な詳細が把握出来ます。 様式や形態が全国で統一されているので、比較する際にも役立つものです。 記載内容としては、施設の概要や職員の勤務体制、料金等が詳細に記載されています。
契約書
入居者の権利・使用施設・設備・サービス内容・費用負担・一時金・管理費食費等・解約・その他。 有料老人ホームを利用(入居)する際の、入居者と有料老人ホーム双方の権利や義務等の基本的な内容が記載されているものです。 有料老人ホームで生活をするにあたっての非常に重要なものとなります。 後々のトラブルを出来るだけ回避する為にも正しく理解する事が重要ですので、疑問点があれば有料老人ホームに確認し、契約書の内容十分納得・理解したうえで契約を交わすようにしましょう。
管理規定
入居契約書を概要とした場合、それに記載されていない詳細部分が記されています。 例えば、食費について言えば一律料金(とってもとらなくても)なのか、とった分だけなのか。特別食にした場合の料金か。外出時の付き添い時の利用料金やサービス内容等。それぞれのサービス内容や利用方法が記載されているもの。
常勤換算人数
常勤換算人数とは常勤職員一人に対する入居者の人数。例)1:2 の場合、常勤職員1人に対し、入居者が約2人となります。
入居率
定員に対して、入居している人数の比率。
医療ソーシャルワーカー
保健・医療機関に従事し、疾病や心身障害等によって生じる患者や家族の諸問題を調整したり解決する為の専門職。(MSW:メディカルソーシャルワーカとも呼ばれる)
ケアマネージャー
利用者の自立を援助する為に関係機関・施設との連携により、生活困難な利用者が必要とする福祉サービスの調整を図る。 援助する為の専門知識と技術持ちケアマネジメントを行う。